株式市場取引制度

メインボード(Mainboard)の競売制度 v.s. 興櫃(Emerging Stock Board)のマーケットメイク制度

メインボード 興櫃
売買システム 競売制度/オーダー・ドリブン方式 (Order-driven) マーケットメイク制度/クォート・ドリブン方式 (Quote-driven)
取引方法 システム自動付合せによる取引成立 システム自動価格協議による取引成立
注文処理 市場に集まってきた注文を価格優先・時間優先の原則に従って付け合わせて商いを成立させる方法(2020年3月以前は価格優先・時間優先の原則に従い、取引数量が最大となる価格で付け合わせていた)。 証券会社などのマーケットメーカーやディーラーなどが気配値を提示して、投資家からの売買注文を成立させる方式
取引手法 2020年3月23日より連続オークション方式を採用(以前は5秒ごとに一括処理するコールオークション方式) 指値注文が指定価格に到達した場合は即時取引が成立。
指値注文が指定価格に到達しなかった場合はマーケットメーカーによる気配値の提示で取引が成立。
制限値幅 10% なし
取引時間 9:00-13:30 9:00-15:00
受渡日 売買後第二営業日(T+2) 売買後第二営業日(T+2)または双方の約定に基づく(T)
決済受渡し 売買代金:CIFS*、証券:TDCC** 売買代金及び証券:TDCC
証券口座と信用取引限度額 TPExのメインボード及び興櫃の上場株式は台湾証券取引所の上場株式と同一の証券口座を使用し、信用取引の限度額も合算する。
信用取引及び日計取引 あり なし
  • *中央銀行資金決済システム The CBC Interbank Funds Transfer System
  • **台湾集中保管結算所 Taiwan Depository & Clearing Corporation (証券保管振替機構)